top-link.jpg

2011年03月21日

原発事故に見るそれぞれの使命感

今日は、朴念仁です。


企業は自らと社会に対して、
経営理念や社是と言う形でその存在意義を明確にしなければなりません。

そもそも経営理念は事業活動の拠り所、立ち返るべき原点であり、
社員や社会に対する企業の使命を、問いただしているものであると思います。


その意味で、社長さんが経営判断に迷われる時も、
自社の経営理念、自社の使命に合致した事業活動や行動であるかどうか、
問うてみる必要があるのではないでしょうか。

使命は、お役立ちと言う言葉に置き換えても良いかもしれません。
お役に立つことが出来るからこそ、企業はその存在価値を認められるのでしょう。


今回の福島第一原発事故についても、
自衛隊や消防庁の隊員の強い使命感を感じました。


彼らの使命感は明白です。

「国民の生命、安全、財産を守る」

この強烈な使命感が、今回の生命を賭した活動の原点なのだと思います。


今回の出動に対し、隊員たちは命令を拒否することもできたはずです。

しかし、恐怖を乗り越え見事に任務を遂行することで使命を果たしている彼らに
ただただ敬服し、感謝する気持ちでいっぱいです。


さて一方で東京電力の第一番の経営理念、使命は
「安定した電力供給と発電設備の安全な運転」
と言うことなのでしょう。


「廃炉を覚悟で初期から海水注入を実施すべきであった」
「東電は自社の資産の保全を第一に考えた」
などと批判されています。

しかし、廃炉にすれば「安定した電力供給」に支障をきたすと言う使命感に対し、
大いなる自己矛盾を抱えていたのではないでしょうか。

だからと言って、このことで東電が責任を免れる術はないと思います。


残念なのは、社会的公器である東電に
「国民の生命、安全、財産を守る」と言う使命が
希薄だった、もしくはなかったのではないか、と思えてしまうことなのです。


さて、ここで政府=国はどうであったのか?

政府=国の使命はまさに
「国民の生命、安全、財産を守る」ことではないのですか?

東電がその理念、使命に自己矛盾を抱えているがゆえに
最良で、適切な判断が出来なかったのであれば
政府=国こそが、その役割を果たすべきではなかったのか。

この使命感の欠如に対し憤りを感じるのは私だけでしょうか?


さて、誤解を招くといけませんので言い添えたいと思います。

原発の事故現場で自身の生命を賭して
事態の鎮圧に必死に取り組んでいる東電やその他の現地職員には
自衛隊や消防庁の隊員と同様の感謝の意を表したいと思います。

そして、彼らの心から湧く使命感により、
きっと今回の事故は良い方向に収束すると信じています。


しかしその場合でも、
東電の経営陣そして政府=国の責任は、必ず問われなければならないでしょう。


最後に、地震・津波による被災地のこと以上に
原発事故に報道が集中しているようですが、少し気になるところです。

簡単管理会計の最速・最強ツール9+1【こちらから
で社長さんの会社の儲けの理由を明らかにしましょう。


posted by 朴念仁 at 06:33| Comment(0) | 地震関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月20日のつぶやき

crankynt / 寺澤 典正
恐怖や悲しみの中で避難生活をされている方々は、日一日と将来への不安が高まりだしているころだと推察いたします。長く続く避難生活を耐え抜くために欠かせないものが希望ではないでしょうか。政府は一日も早く、被災者の希望につながるメッセージを出してほしいと思います。 at 03/20 17:37

crankynt / 寺澤 典正
『2011年03月19日のつぶやき』朴念仁の寝言|http://bokunenjin.seesaa.net/article/191496335.html at 03/20 03:22
posted by 朴念仁 at 00:01| Comment(0) | Twitterのつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月20日

2011年03月19日のつぶやき

crankynt / 寺澤 典正
『強く優しい社会が国を支えて行くのですね』朴念仁の寝言|http://bokunenjin.seesaa.net/article/191374512.html at 03/19 10:09

crankynt / 寺澤 典正
『2011年03月18日のつぶやき』朴念仁の寝言|http://bokunenjin.seesaa.net/article/191341511.html at 03/19 03:24
posted by 朴念仁 at 00:01| Comment(0) | Twitterのつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月19日

強く優しい社会が国を支えて行くのですね

今日は、朴念仁です。


3月11日からずっと、震災状況を報道番組などから見続けてきました。

今回の大震災は、お悔やみとか、お見舞いの言葉がためらわれるほど
悲惨で深刻な状態であることが、次第に明らかになってきました。


想像を絶する数の被災者やインフラの破壊、
また、部品工場などの操業停止は世界経済への影響も懸念されています。
そして追い打ちを掛けるのが福島第一原発の事故。

これからの日本の復興には、かなりの年月が必要となるのではないでしょうか。


およそ最近の日本は、特に政治と経済に焦点が当てられてきました。

しかし、今回の震災で
日本において社会、SNS(Social Networking Service)、そしてマスコミも、
日本と言う国家を構成するのに重要な役割があることを、認識させられました。


先ず、マスコミですが
国民に情報を伝達するのに一定の役目を果たしていると思います。
しかし、必要以上に国民の不安を煽るような情報発信も多いように感じられます。

官房長官や東電の会見などにおいても、記者の質問を聞いていると
何度も同じ質問を繰り返したり(中には前の記者の質問を聞いていないと思われる)、
ただ攻撃的であったり、全く稚拙であったりしています。

震災ならずともこれからは、
マスコミの発信する情報はすべて疑問符を付けて目・耳にして行く必要がありそうです。

次に、ツイッターなどのSNSが大きな役割を果たしています。
電話による通信手段が断たれる中、
行政に届かない安否情報や安否確認などの有益な情報が、個人から発せられています。

もちろん、マスコミ同様不安を煽るものや、くだらない内容も見受けられます。
しかし、情報発信は既にマスコミの独壇場ではなくなった感があります。

それだけに、ただつぶやきと言われるツイッターも
今後は一定の責任をもった発言が求められるようになるでしょう。


そして、政府の対応が後手に回る中、多くのボランティアの方々が、
まさに献身的に、被災された方々に援助の手を差し伸べています。

ボランティア行動が出来ない方々も、義援金を送ったり、呼びかけたりと
被災地と気持を一つにしようとしています。

それに加え、命を賭して原発事故に立ち向かう
東電や、自衛隊、消防庁の精鋭たち。


このように強く、優しい社会がある限り、
日本は必ず復興できると確信させてくれるものです。


状況が落ち着き、日本が本格的復興へ動き出す時
今の政治や政府、東電の責任が厳しく糾弾されることは論をまたないでしょう。

しかし、恐れるのは、これ以上の政治不信が、国民の心に蔓延しなければ良いのだが
と思っています。


最後に、強力なリーダーシップと優れた洞察力・決断力を持つ、
日本国の新しいリーダーの出現を期待する朴念仁です。


関東東北大震災から思うことを、投稿させていただきました。

簡単管理会計の最速・最強ツール9+1【こちらから
で社長さんの会社の儲けの理由を明らかにしましょう。
posted by 朴念仁 at 10:09| Comment(2) | 地震関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月18日のつぶやき

crankynt / 寺澤 典正
福島原発事故に対し「日本政府は、米政府の支援申し出を断っていた」と言うのはほんとうなのか?米政府の提案は早い段階で廃炉にする方法だったようです。実は私も友人に「東電の○○○根性で、炉を活かそうとして、後手に回ったのではないかと話をしていました。素人の見解ですが。 at 03/18 09:51

crankynt / 寺澤 典正
『売上の意味(売上=???)』朴念仁の寝言|http://bokunenjin.seesaa.net/article/191215515.html at 03/18 09:34

crankynt / 寺澤 典正
『2011年03月17日のつぶやき』朴念仁の寝言|http://bokunenjin.seesaa.net/article/191183443.html at 03/18 03:22
posted by 朴念仁 at 00:01| Comment(0) | Twitterのつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月18日

売上の意味(売上=???)

今日は、朴念仁です。


売上とは一体どういうことだと思いますか?

以前拙ブログ「究極のマーケティングはセールスをなくすこと」で

マーケティングとは
お客さんの望んでいるものを探し、それを満たすための行動や仕掛けにより
お客様が「顧客満足」を得ることで売上に結びつける。


と言う話をさせていただきました。


つまり
「売上とは、お客様の顧客満足の大きさである」
と言う事が出来るのではないでしょうか。

また顧客満足とは
・お客様に楽しんでもらえる
・お客様に喜んででもらえる

と言うことであると思います。


私の住むカバナツアンに
「ZAPP'S」と言う日本人が経営するライブハウスがあります。

現在の「ZAPP'S」がOPENする前には
「RETRO」と言うライブハウスがあり、当地域では圧倒的にナンバーワンのお店でした。

ところが今、「RETRO」は廃業を余儀なくされてしまったのです。


「ZAPP'S」の顧客満足が「RETRO」の顧客満足を超えたことが原因です。


この二つのお店はターゲットとする顧客層がほぼ一致していました。
しかし
・お店の大きさ・収容人数
・ライブハウスの生命線であるバンドと音源
・フロアースタッフの教育レベル
・フロアースタッフの数の多さ(たぶん3倍ほどの人数が投入されています)
・メニューの充実度
などにおいて、はるかに「ZAPP'S」が勝っています。


しかし、「RETRO」に比較して「ZAPP'S」の顧客満足度合いは高いのですが
十分であるかと言えば、まだまだ課題も多いように思われます。

したがって、オーナーはさらに顧客満足の充実を目指し、不断の改善を続けています。

たとえ、新たなライバルが出現しなくても、
バンド、サービス、食事の品質が向上し続けなければ(維持ではお客様は満足しない)
お客様が離れてい行く(来店頻度が低下する)
ことを良くご存じなのです。


楽しみや喜びを提供できない商品やサービスは、やがて市場から消滅します。
ライバルがより大きな楽しみや喜びを提供すれば、自社の売上は低下します。

したがって売上の意味は、売上の大きさ=顧客満足の大きさ


と言うことが出来るのではないでしょうか。


さて実は、
経営戦略立案の意味の一つは
「自社の持つ全ての経営資源を使って
 顧客満足を最大化するためにはどうしたら良いのか」
を突き止めることにあります。


ここが出来ていないと、
・お客様に楽しんでもらえる
・お客様に喜んででもらえる

事で、顧客満足を提供するのは難しいのではないのでしょうか。

だいたい、先程の「RETRO」は、
その店名からイメージされるノスタルジックな感じは
お店からも、バンドからも全く感じられないライブハウスでした。

コンセプトが明確ではないのです。

経営理念・経営戦略が欠如している証ではないのでしょうか。


最後は経営戦略の必要性まで話が及びましたが
どんな業種でも、売上の大きさ=顧客満足の大きさの認識の上に
様々な戦略を展開して欲しいと思います。

次回は
売上の大きさ=顧客満足の大きさの効果を発揮するために、
どのような観点から売上を拡大したら良いのか
売上高を、あるいくつかの要素に分解して考えて見たいと思います。
実は、かなり単純な話なのですよ。

なお敬愛すべき「ZAPP'S」のシゲさん、
勝手に事例紹介として、貴店を使わせていただき申し訳ありませんでした。

簡単管理会計の最速・最強ツール9+1【こちらから
で社長さんの会社の儲けの理由を明らかにしましょう。
posted by 朴念仁 at 09:34| Comment(0) | 差別化経営戦略(儲けの理由) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月17日のつぶやき

crankynt / 寺澤 典正
『低価格戦略でも同じ利益を確保するためには』朴念仁の寝言|http://bokunenjin.seesaa.net/article/191053499.html at 03/17 08:17

crankynt / 寺澤 典正
『2011年03月16日のつぶやき』朴念仁の寝言|http://bokunenjin.seesaa.net/article/191036964.html at 03/17 03:46
posted by 朴念仁 at 00:01| Comment(0) | Twitterのつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月17日

低価格戦略でも同じ利益を確保するためには

今日は、朴念仁です。


ここ数日、震災にについて思うことなどを投稿してまいりましたが、
本日より経営ブログを再開いたします。


不景気で収入が減少した。
だから消費者の財布の中身=使えるお金が減ってしまった訳ですね。


こういった状況で、
一つの解決策として低価格戦略で対応しようとする企業が増えています。

拙ブログで紹介した
「焼酎0円居酒屋」や「女将のいない旅館」などが象徴的存在ではないでしょうか。


今回は低価格戦略の善し悪しについてのお話ではありません。


低価格戦略を採用しようとする場合、

・総原価がどう変わるのか
・利益がどう変わるのか
・客単価がどう変わるのか
・集客数がどのくらい増えるのか
・お客様のリピート率がどのくらい増えるのか
などの仮説を立てる必要があります。

これにより採算が合うのかどうか判断しなければなりません。
少なくとも採算が取れないのであれば、低価格戦略は成り立ちませんよね。


でも、ちょっと待ってください。
上記の仮説を組み立てる要素として、
「総原価と利益はどう変わるのか」と表現させていただきました。

「どう変わるのか」の意味は、
低価格(値下げ)にすれば
そ必ず利益率が低下すると決めつけたくない
からです。


損益分岐点の計算からシミュレーションをしてみたいと思います。

仮に株式会社ABCは自社製造の製品Aだけを販売しているものとします。

現状
製品Aの従来の販売価格は1,000円
月間の販売数量は10,000個
変動比率35%
固定費600万円
の場合

現状の変動損益計算書は
売上高 :10,000,000円
変動費 : 3,500,000円(変動比率35%)
限界利益: 6,500,000円(限界利益率65%)
固定費 : 6,000,000円(固定比率60%)
経常利益:   500,000円(経常利益率5%)
となっています。


ここで、低価格戦略により販売価格を20%引き下げる予定です。
もし販売数量が変わらなければ

製品Aの値下げ後の販売価格は800円
月間の販売数量は10,000個

値下げ後の変動損益計算書は
売上高 : 8,000,000円
変動費 : 3,500,000円(変動比率43.75%)
限界利益: 4,500,000円(限界利益率56.25%)
固定費 : 6,000,000円(固定比率75%)
経常利益:△1,500,000円(経常利益率△18.75%)
となり、150万円の赤字となってしまいます。


そこで、新たな販売戦略により、
値下げによる集客効果やリピート率の向上で
月間の客数の増加、つまり販売数の増加を期待することになります。



その前に現状と、値下げ後の損益分岐点売上高を確認して見ます。

損益分岐点の公式は

損益分岐点売上高
=固定費÷(1−変動費÷売上高)
=固定費÷(1−変動比率)
=固定費÷限界利益率
でしたね。


現状の損益分岐点売上高は
損益分岐点売上高
=固定費÷限界利益率
=6,000,000÷65%
≒9,231,000

値下げ後の損益分岐点売上高は
損益分岐点売上高
=固定費÷限界利益率
=6,000,000÷56.25%
≒10,667,000
となります。


ここで、値下げ後も現状と同じ利益を維持するために必要な売上高は

必要売上高=(固定費+必要利益)÷限界利益率で求められますから
=(6,000,000+500,000)÷56.25%
≒11,556,000
となります。

必要販売数量は
必要販売数量=必要売上高÷販売価格
ですから
=11,556,000÷800
≒14,445個

14,445個÷10,000個≒144.5%で
値下げ前のなんと45%も余分に販売しないと
現状と同じ利益が確保できないことが分かります。


そこで、低価格戦略を採用する場合は固定費の削減が重要な要素になります。

仮に販売価格を1,000円から800円に値下げする場合
同時に固定費を100万円削減できる場合はどうでしょうか。

固定費を100万円削減し現状と同じ50万円の利益を確保する場合

必要売上高=(固定費−固定費削減額+必要利益)÷限界利益率
=(6,000,000−1,000,000+500,000)÷56.25%
=5,500,000÷56.25%
≒9,778,000

必要販売数量は
必要販売数量=必要売上高÷販売価格

=9,778,000÷800
≒12,223個
となります。

これでもまだ22%余分に販売しなければなりませんが
20%と値下げし固定費を100万円削減した場合の変動損益計算書は
売上高 : 9,778,000円
変動費 : 4,278,000円(変動比率43.75%)
限界利益: 5,500,000円(限界利益率56.25%)
固定費 : 5,000,000円(固定比率51.14%)
経常利益:   500,000円(経常利益率5.11%)
となり、現状と同じ50万円の利益の獲得できています。


もちろん変動比率の削減が出来れば
もっと計画販売数量を低下させるか、もっと利益を生み出すこともできます。



しかしながら
低価格戦略を採用する場合、
・かなり緻密な仮説
・固定費が大幅に削減できる仕組み
が必要になるでしょう。



あわせて、低価格戦略の効果を最大限に引き出すために
AMTULやAIDMAを利用した販売戦略やマーケティングが求められます。


低価格戦略で成功しているところは
・徹底して固定費を削減する
・販売戦略を充実させる
・値下げ後の商品価値をさらに高める
・別の高付加価値商品でわきを固める
などを複合して生き残り差別化戦略を取っています。



なお、損益分岐点を利用した販売数量シミュレーションは
イベントなどで
・販促費を投入したり
・値引き販売を実施する
場合の費用対効果の仮説にも利用できます。


安易な値引、低価格戦略はとても危険です。

いきなり実施するのではなく
・限定したテストケースにより
・しっかりとした仮説と検証を繰り返す
ことで
利益の向上ができる低価格戦略が、可能になるかどうかを見極めて欲しいと思います。

簡単管理会計の最速・最強ツール9+1【こちらから
で社長さんの会社の儲けの理由を明らかにしましょう。
posted by 朴念仁 at 08:17| Comment(0) | 差別化経営戦略(儲けの理由) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月16日のつぶやき

crankynt / 寺澤 典正
福島原発事故を冷静に専門家の立場から伝えています。
こちらから@hayano
 at 03/16 10:35

crankynt / 寺澤 典正
『援けあいましょう、日本列島人として』朴念仁の寝言|http://bokunenjin.seesaa.net/article/190902910.html at 03/16 08:38

crankynt / 寺澤 典正
『2011年03月15日のつぶやき』朴念仁の寝言|http://bokunenjin.seesaa.net/article/190876260.html at 03/16 03:32
posted by 朴念仁 at 00:01| Comment(0) | Twitterのつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月16日

援けあいましょう、日本列島人として

今日は、朴念仁です。


地震から5日目の朝を迎えました。
またしても福島原発で火災発生が確認されました。
ほんとうに、ゆゆしき事態です。

昨夜は、私の出身地静岡県富士宮市で震度6強の地震が発生しました。
すぐに富士宮に電話しましたが、震度の割りには被害が出ていないと言う事で
少し安心しました。

専門家は、東北・関東大地震との因果関係は分からないと言っています。
しかし、今までに、これほど広範囲に違う場所で地震が発生した記憶はありません。

ほんとうに心配される状況が続いています。


皆さんも仕事の合間を見ては、
時間を割いてニュースなど見ているのではないでしょうか。

朴念仁は、日本を襲った未曾有の大災害の惨さを決して忘れないよう、
心に焼きつけようと、時間の許す限り報道番組を見続けています。


これは他人ごとではないのです。私たちの友が、日本が苦しんでいます。
これほど強く、虚しさと、危機感を感じたことは今までありません。


私が出来る範囲の額ですが、義援金も遅らせたいただきました。
また今後も引き続き、ささやかではありますが、私と妻の収入のうち5%を
毎月復興支援のために義援金として送らせていただきます。

私は決して裕福な人間ではありませんが、
少しでも被災者の方々と痛みを共有する必要があると考えています。


経済活動への打撃もかなり大きなものがあるでしょう。
それぞれに商売をされている方々も計画停電などで大変だと思います。

もちろん経済活動を止める訳にはいきません。
特に中小企業においては、厳しさに一層の拍車を掛ける事態となっています。
商売を考えた時、重苦しいお気持ちになられていることは容易に拝察できます。


しかし、日本列島に住む日本人も、今は日本列島を離れている日本人も
被災地と日本を支えることで心を一つにして欲しいと思うのです。


それが結果的に被災地の復興を早め、
これをきっかけに経済活動も力強く復活すると信じようではありませんか。

一年後、二年後、世界中が
日本の底力に感嘆の声を上げ、賛辞を送ることになるでしょう。

簡単管理会計の最速・最強ツール9+1【こちらから
で社長さんの会社の儲けの理由を明らかにしましょう。
posted by 朴念仁 at 08:38| Comment(0) | 地震関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。