top-link.jpg

2011年01月07日

経営コンサルタントは儲かる仕事

今日は、朴念仁です。


経営コンサルタントは、儲かる仕事か?、
はい、朴念仁の場合は、全く儲かりません!


この仕事、かなり手を抜かないと儲からないと思うんですよ。

手を抜くとは
雛型コンサルやればいいんですね。

しかも、単年度契約結んでね。


で何をやるのか?


先ず、総合コンサル(特に名前がないのでとりあえず)

1社員意識調査
2社風分析
3財務分析
4定例幹部会議に参加
5雛型に従って戦略策定会議に参加
6雛型に従って経営計画策定会議に参加
7雛型に従って経営計画進捗会議に参加
など

以上、全てフォーマットが準備されてます。

新商品開発生産管理原価計算資金繰りなどは全く口出ししません。

実はこれ、私がかつて会社経営している時に、実際に契約した内容です。
だいぶ昔の話ですけどね。


これでコンサル料は、400万円とか500万円。


これって、馬鹿みたいですね。まったく期待外れ!!

でもこれが、儲かるコンサル。


はい、もう2度とコンサル頼みたくないですよね。


次に
資金繰り専門コンサル
これは、利用したことないので分かりませんが

当然雛型コンサル、しかも、知識を売るだけでしょう。
だから元銀行員に多いんですよ。

貸す側にいた人間が、借りるテクニックを教えているので
結構人気があるみたいです。

でもね、一時資金が回っても、後どうなるんでしょう。
一種のモルヒネ効果または延命治療ですね。


だいたい、融資受ける方法なんて何にも難しくないでしょうが?
方法はね。

それより、銀行を説得する話術でも磨いた方がいいんじゃないですか?


で、当然ですが融資を申し込む時に、話術とともに大事なのが

利益が出せる経営計画書
資金が回る、辻褄の合う資金繰り計画書


これ、資金繰りコンサルやってるんでしょうかね?


あっ、朴念仁は、やってますよ。
日本にいる時は、社長に代わって銀行に説明に行きましもの。
で、融資OKでした。

社長さんがね、「気を悪くしないでね」と片手広げて、特別お礼したいと。
朴念仁毎月報酬貰っているから、当然の仕事と思ってましたが。

それで、片手だから5万円と思ったら50万円でした。
もちろん、朴念仁、鄭重にお断りし5万円だけいただきました。
(本音は喉から手が出るほど欲しかった)

いっそ、朴念仁も資金繰りコンサル名乗りますか!


それで、資金繰りコンサル、たぶん儲かっていると思いますよ。
多くの社長さん、資金繰りに頭悩ませていますからね。


だけど、資金繰り難の根本解決は、あくまでも
経営体質を、利益が出る体質に改善することにあると思うんです。


この辺のところ資金繰りコンサル面倒見てくれるんですかね!


あとは、色々なコンサルありますが
朴念仁の知る限り、ほとんど雛型コンサルだと思います。


で、朴念仁の場合雛型なし、

お客さんの会社・経営内容
社長さんの経験・資質・性格

によって変わってきます。


たとえば、経営戦略策定は、

基本的にSWOT分析から始まりますが
朴念仁ではなく、社長さんに分析をやってもらいます。
勿論、一緒になってアドバイスや、情報提供していきます。


原価計算の仕組みづくりは大変です。
業種によって全然違いますし
同業種でも、社長さんの理解できる仕組みは全く変わってきます。

パッケージソフトで、使える代物なんてないでしょ!

だから、
それぞれに、原価計算システムを構築しなければなりません。
朴念仁はエクセル(規模の小さい会社はこれが一番使いやすい)
で作成してあげます。

一社100時間掛かることも・・・・。
これね、朴念仁気が弱いからまともに請求できないんですよ。

「いくらでもいいですよ」と朴念仁。
(ほんとうは50万円欲しいのに)
(清水の舞台から飛び降りても30万円は譲れない)

ところが、
「5万円でいいですか?」と社長さん。
(この辺の価値が分かっていないからコンサル大変です)
(今まで、原価計算無茶苦茶で売値も無茶苦茶だったでしょうが)

泣く泣く「はいはい、いいけど、もう少し出してよ」と朴念仁。
(コンサル料も全く一緒、値上げして貰おうかな?)


さて、何といっても大変なのが
言い訳と愚痴を聞かなきゃならないことです。


朴念仁のお客さん、皆さん、現場社長なんですね。
当然、経営管理に割くべき時間が限られてきます。
でも、遊びもしたいし・・・。

「社長、前回の課題もう終わりました?」

「忙しくてまだ出来てませ〜ん」とか
(何てお気楽な、朴念仁もお気楽だからしょうがないか)

「部下に言ったんだけどまだやってくれません」とか
(ほんとうは、言い忘れたんでしょ)

「スイマセン、意味分からなかったんでもう一度お願い」とか
(最初に分かるまで聞いてよ、二度手間)

「やっぱりできないから、朴念仁さんやってよ」とか
(はいはい、初めから覚悟してました)

「最近やる気がなくて」と、延々2時間とか
(こう言う時は、まずひたすら聞き役に徹します)
でも、これ意外と大事なコンサルです。社長のメンタリング&コーチング。

「最近、彼女(奥さん?)の気持ちがどうのこうの」とか
(恋愛コンサルやってないんですけど。ほんとうは大得意?)

などなどです。


さて、朴念仁コンサルの明確な目的ですが

1利益を生み出す仕組み作り
2金廻りを良くする

これに尽きます!


だから、
朴念仁は儲からないコンサル。
と言うことですね!!


ただし、粗利益率90%です。

だって、主な固定費は

電気代
消耗品費
車両関連費
(今はフィリピンなので必要ない)
通信費
(ネット利用に掛かる費用、電話はスカイプ)

くらいでしょ。

家賃?自宅の一室ですから・・・。

接待交際費も掛かりません。

で、今後も続けるかどうかですが、これがいまだに分かりません。


他人の経営のお手伝いより、
自ら経営した方が、人生、絶対充実してますから。

簡単管理会計の最速・最強ツール9+1【こちらから
で社長さんの会社の儲けの理由を明らかにしましょう。


posted by 朴念仁 at 06:52| Comment(2) | 中小企業経営全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
見る方に依るのでしょうが、私は凄く面白いし為になります。
私の場合、その会社のシステムを作りました。最初は社長が手作りのエクセルで頑張ってましたが、原価管理出来ても結果だけ。予算も年間受注目標だけでしたから。
やはり、バッケージは合わないからと手作りのシステムを作ったのですが、他県から同業他社が見学に来て感心してましたよ。
家賃光熱費持ちで、一日仕事して◯万。
ところが、週に一回のPPのサービスも有りで、しっかり病気が移ってしまいました。(自爆)

Posted by masa at 2011年01月07日 16:05
masaさん
お励ましいただき、ありがとうございます。
温かいお言葉から、お人柄が感じられ、まだお会いしたこともないのに、嬉しくなります。
拙いブログですが、引き続きよろしくお願いします。
ところで朴念仁、PPに嵌り過ぎて身を滅ぼしたことにおいては、人後に落ちない阿呆です。(猛省)
Posted by 朴念仁 at 2011年01月07日 17:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。