top-link.jpg

2011年01月22日

伊達直人と菅直人のはなし

今日は、朴念仁です。

2010年末のクリスマスに、
「伊達直人」なる人物により、群馬県の児童相談所に寄せられたランドセル寄付は、
その後も似たような人間が次から次へと現れて、「タイガーマスク運動」として、
大きな社会現象になっていますね。

ネットやツイッターなどでも、
伊達直人に対する賛辞の声と、偽善者扱いする批判の声で、賑やかなようです。


やがて、同じ直人を名乗る、伊達直人と菅直人の二人を対比するコメントへと発展!


これが、実に面白いんですよ。
まずは、その一部を紹介しましょう。


子供たちにランドセルを背負わせたいのが伊達直人 
子供たちに借金を背負わせたいのが菅直人

子供に夢を与えるのが伊達直人
子供に無駄な手当てを与えるのが菅直人

必殺技を決めるのが伊達直人
俺に決めさせるなが菅直人

虎のマスクで顔を隠すのが伊達直人
虎の威を借るのが菅直人

フェアプレーで闘うのが伊達直人
スタンドプレーで目立とうとするのが菅直人

施設にランドセルを贈るのが伊達直人
中露にランド・セールするのが菅直人

贈与するのが伊達直人
増税するのが菅直人

仮面をかぶって戦うのが伊達直人
仮免で国を動かすのが菅直人

マスクを外すと一般の人が伊達直人
マスクを外すと欲望の人が菅直人

明るい春をもたらすのが伊達直人
春の見通しが立たないのが菅直人


風刺と言えばそれまでですが、これだけ機知に富んで、
シニカルな事を言える人々の感性に、ただただ、敬服するばかりですが、
彼らには、コピーライターの才能もあるのかもしれません。


ところで、販促チラシや、ネット上で何か集客したり、販売する時に、
キャッチコピーにインパクトがあると、反応率が良くなります。

こんな気の効いた事を、端的に言える感性も、
商売しているのならば身につけたいですよね!


朴念仁のブログも、こんなに面白可笑しく書くことができれば、
もっとたくさんの読者に読んでいただけるのになあ〜。


さて、愉快なのは、自民党政務調査会長「石破茂」が、
この現象を自身のブログで取り上げ、その内容を紹介していました。

野党の役割は、与党を政権の座から引きずり落とすことですから、
適当なネガティブ・キャンペーンを張ることは、当然許される行為でしょう。

まして、「伊達直人VS菅直人」は既に社会現象になっている訳ですから、
今更石破氏が取り上げても、政調会長の品位をおとしめるものではないでしょう。


それにしても、石破さん、あまりに愉快なので取り上げたと仰っていますが、
野党暮らしのストレスの憂さを晴らしたかった、てなところが本音でしょうね!


朴念仁も、最近ちょっと疲れてますので、こんな内容でお茶を濁しました。

申し訳ありません!

しかし、次回は経営の話、真面目に記事投稿させていただきます。

簡単管理会計の最速・最強ツール9+1【こちらから
で社長さんの会社の儲けの理由を明らかにしましょう。


posted by 朴念仁 at 07:34| Comment(2) | どうでもいいことですが | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ハハハ〜

笑いますね
的を得ていますヨ

でも、チョット情けない日本の政治です

伊達直人にはなれないでしょうね〜

空きカンは屑篭に!です(笑)
Posted by アンポン at 2011年01月22日 19:14
カンカラカン ノ カン ナオトでしょうか。
比国にて客観的に日本を見ると、情けなくなることが多い昨今です。
でも、脱出組が勝手なこと言ってみても、所詮は寝言ですかねエ〜?
Posted by 朴念仁 at 2011年01月22日 21:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。