top-link.jpg

2011年02月13日

フィリピンの以外な経済と消費事情

今日は、朴念仁です。


先ず、「フィリピン」って国ですが、こんな特徴があると思います。

1)消費性向が高い
2)見栄っ張り気質
3)屋台文化が下地にある
4)フィリピン人海外労働者(OFW)の送金が増加中
5)したがって所得向上の家庭が増加している
6)したがってサービス産業が成長

少し補足説明をしておきます。


1)消費性向が高い

消費性向と言えば、自民党の石破茂と管直人の国会での質疑応答で、
消費性向と乗数効果の違いが分からず、管が大恥をさらした場面を思い出しますね。

朴念仁はすぐに話がそれます。


さて消費性向は、
簡単に言えば「増えたお金のうち消費に回るお金の割合」のことですよね。
その反対が貯蓄性向。

つまりフィリピン人は、
「ありったけのお金を使い、貯蓄をしない」
「足りなければ、積極的(?)に借金をする」
そういう国民性なのですね。


2)見栄っ張り気質

実は見栄っ張りだから、消費性向が高くなるのでしょう。

経済的には
お金がなくても、借金して盛大にパーティーをする。
月収5万ペソ、10万円くらいになるとローンで車を所有する。
車は大きい方がいい。

精神的には
知らなくても、知っていると言う。
一度会っただけでも、旧知の親友だと言う。
(たぶん知事や市長は親友だらけでしょうね)


3)屋台文化が下地にある

都市にも、田舎にもヌードルや、おかゆ、バーベキューなどの屋台があり
24時間営業も珍しくない。

つまり、大して美味しくないものでも、外に出て食べたがる。
外食産業が受け入れられる下地に、屋台文化にあるのでしょう。


4)フィリピン人海外労働者(OFW)の送金が増加中
5)したがって所得向上の家庭が増加している


2010年10月のOFW送金額は17億ドル(前年比9.3%増)
年間では200億ドル以上、1兆6〜7千億円にもなります。

2009年度の名目GDPが約1600億ドルですから、
単純にGDP比12.5%がOFW送金額と言うことになりますね。

しかし、闇ルートもあれば、帰国時持ち込みの外貨もあります。
そう考えれば、
送金額の倍以上のお金が、フィリピンに入ってきていると考えられます。

しかも、年々増加を続けている訳ですよ。
だから、国内産業の成長とはまた別のところで、所得の向上があるのですね。


6)したがってサービス産業が成長

上記1)から5)の理由で、ここフィリピンはサービス産業が成長
それが経済構造の変化になっているのだと思います。

ピザ店(下層クラスでは高すぎて利用できません)で食事している時も、
いかにも帰国したばかりのOFW家族を良く見かけます。

フィリピン」ってこういう一面を持っている国なんですね。
そして、一番懸念されるのが人材の流出でしょうね。


医者や、技術者が海外に出て行ってしまえば
この国の医療や、製造業はどうなってしまうのでしょう。

みるところ、日本のような優れた中小企業、ほとんどないでしょう。


さて、サービス産業のうち外食産業。
マクドナルドVSジョリビーについて。

マクドナルドが唯一シェアトップになれない国は、フィリピンと言われています。

この国でお客さんがオーダーするのは、ハンバーガーではなくて、

フライドチキンとご飯
スパゲティーとフライドチキン
バーガーステーキとご飯
ソーセージやビーフタパと目玉焼きとご飯

などです。
朴念仁も、ハンバーガーは注文しません。


マクドが、世界一のハンバーガーチェーンであっても、
国民文化に溶け込んだジョリビーの商品開発には、太刀打ちできなかったのでしょう。

今となっては、
強者ジョリビーに対して、マクドが弱者の差別化戦略で対抗しているのかな。

面白いのは、
日本でモスバーガーが、マクドと差別化している、
ライスバーガー(チキンバーガー)が、マクドのメニューにあったような?


つぎに、ピザ。

ここ田舎のカバナツアンにも
グリニッチ、ピザハット、シェイキーズがあります。

ここでも、フライドチキンにスパゲティーは大事なメニューです。

KFCもありますが、
どこのレストランでもチキンは主要なメニューなどで、KFCはかすんでいます。

しかも、これらの店は、一つのショッピングモール内で競合しています。


この国では、バーガーショップさえ行けないレベルに人たちもたくさんいます。
まして、ピザなどは裕福の象徴でしょう。

どの店も特徴を出しながら、それなりにビジネスとして成り立っています。
ちなみに、朴念仁はシェイキーズ、思いだしたころにピザハットです。

理由は、グリニッチはビールがない。
ピザの味の選択、商品力の差での選択ではないのですよ。
でも、お客さんって、こんな選択もありなんです。だから、商売は面白い!

だけど、ピザ店にビールがないってのも?
これも、この国特有の差別化戦略なんでしょうか。


他にも色々あります。ライブハウスなんかもそうです。
日本の地方より、はるかに充実しています。

これがフィリピンの、「消費性向の高さ」に象徴される特性なんですね。


最後にちょっと気になるデータ

日本車VS韓国車


2011年1月の自動車販売数の速報が出ました。
販売総数は、前年同月比8.3%増の12,587台。

ランキングは
1位トヨタ:4,207台(8.7%増)
2位三菱モーターズ:2,305台(4.4%減)
3位現代自動車:1,541台(30.4%増)
4位ホンダ:1,220台(7.5%減)
5位フォード:921台(76.8%増)

以下データがありませんでした(探すのが面倒でした)。
朴念仁の独断で順位だけ(当地カバナツアンでの見た目観測によります)。

6位いすず
7位KIA
8位ニッサン
9位スズキ
10位マツダ

日本のランキングと大分違うでしょう。

注目は、現代とフォードが大幅に増加していますね。
特に現代は、当地でも急速にシェアを伸ばしているのが実感できます。

トヨタはさすがですが、
接客やサービスが、他メーカーと比較にならないほど優れています。
また、現地生産車と、タイからの輸入車が、他社より充実しています。

その他、
扱い車種も豊富なのと、フィリピンでのトヨタブランドの勝利でしょう。


ニッサンは、昔からずっと低迷しています。

スズキは、最近アジア戦略カー「アルト」の販売を開始しましたが、
インドでナンバーワンでも、この国では上手くいってないみたいですね。

見栄っ張りのフィリピン人には、小さな車はダメなんでしょうか。


ちなみに、ガソリン価格高騰で、
ディーゼルエンジンの人気は、日本に比べれは相当高いものがあります。

まあ、低燃費エコカーというカテゴリーがまだありませんからね。

日本で人気のプリウスですか?
販売価格「約450万円」では売れないでしょう(完全輸入車です)。


今日の記事のタイトル、何でしたっけ?「まっ、いいか」
以上です。

簡単管理会計の最速・最強ツール9+1【こちらから
で社長さんの会社の儲けの理由を明らかにしましょう。


posted by 朴念仁 at 07:38| Comment(0) | フィリピンライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。