top-link.jpg

2011年02月19日

お金の話

今日は、朴念仁です。


中小企業、とりわけ小さな会社を経営している社長さんが
拙ブログのの読者層ではないかと想像します。

そんな社長さんを念頭に置いて、
このところ、経営戦略立案を強く推奨する内容の記事を投稿してきました。
しかし、たぶん、読者の皆さんお疲れになったんじゃないですか?

なぜか?

小さな会社を経営している社長さんは、現場社長、技術屋社長がとても多く、
社長さんの一番の関心は「商品開発、商品や技術の改良」ではないでしょうか?

「何はともあれ、良いものを世に問いたい」
それは、決して間違いではないし経営の基本であると思います。

しかし、経営戦略としては大変バランスを欠いていると思いますよ。

社長さん、
財務お嫌いでしょう?まして、経営戦略なんて全く面倒だ、時間もない!
ですよね、きっと。


実は、拙ブログに、
グーグルやヤフーの検索サイトからたくさんの訪問者があります。

皆さまの検索キーワードを分析すると、

黒字なのにお金が・・・
資金繰りに・・・
資金調達は・・・
銀行は・・・
必要売上の求め方・・・
必要(または期待)利益とは・・・
損益分岐点とは・・・
変動費、固定費とは・・・
健全な企業や会社・・・

など。

銀行融資資金繰りの問題損益分岐点に関する問題が一番多く
経営戦略をキーワードに検索され、訪問される方は比較的少数派です。

上記のキーワードも、それぞれに経営において大切な課題です。
しかし、経営戦略、成長戦略、弱者の差別化戦略は経営の背骨だと思います。

どうか、一日も早く、社長さんの会社の経営戦略を立案して欲しいと思います。


前段が長くなりました。
最近、退屈な(?)テーマが続きましたので、退屈ついでにもう一つ退屈な
しかも、どうでもいいような話をお届けします。

お金の話です、と言ってもお金が増える話ではありませんので、悪しからず。


お金のうち紙幣は、なぜ生まれて来たのでしょうか?

物々交換の不便さを解消するためにお金が生まれました。
しかし、お金と言っても、それは金・銀・銅などの金属でしたよね。

だから、お金の量は、金・銀・銅の発掘される量で決まっていました。
そして、重量や純度が一定のコインが、交換価値の尺度となっていた訳ですね。

また、コインの発行権は多くは国王のもとにあったはずです。


お金=コイン=金・銀・銅をたくさん所有する富裕層は、
家にお金を置いておくのが心配になってきました。泥棒の事ですよ。


そこで、セキュリティの高い両替商にお金=コイン=金・銀・銅を預け、
その代わりに預かり証を受け取っていました。

両替商は、当然保管手数料を貰います。ただで預る訳ないですね。


ここで、AさんとBさんで商取引が成立し、決済代金が必要になると
Aさんは、預かり証を両替商に持って行き、コインを引き出し、Bさんに支払います。

Aさんは、また違うCさん、Dさんとも同様な方法で決済します。
またBさんも、Aさん同様な決済をします。


しかし、常に両替商から預かり証と引き換えに、
コインを受け取って、コインで支払うと言うのも面倒になってきたのですね。

そこで、Aさんは預かり証を両替商に持って行く代わりに、
Bさんに預かり証を譲渡する、つまり、預かり証で代金を支払うことにしました。

この預かり証が、紙幣の始まりとなった訳です。


さあ、こうなると決済手段は預かり証ですから
両替商の金庫には、流通しないお金(金・銀・銅)が眠ったままになっていますよね。


ここで、両替商はまことに上手い商売を考えました。

流通しない、眠ったままのお金(金・銀・銅)を、お金が必要な人に貸し出して
貸し出し手数料を取ることを考えたのです。貸出利息の始まりですね。


いったん貸出が始まると、両替商はもっと貸出をしたくなります。

そうなると、
当初金庫に預けられたお金(金・銀・銅)の量と
全ての預かり証に記載されたお金の量がバランスしなくなりますよね。

これが、信用創造というもので、単純にいえば現在の銀行システムそのものでしょう。


つまり、人から預かったお金を無断で誰かに貸し出している。
これが、銀行業と言うやつではないですか。


それで、このシステムで巨万の富を築き上げたのが、ロスチャイルドですよね。
ロスチャイルドの資産は、
最低でもアメリカのGDPに匹敵する、あるいはその10倍と言われたりもします。

いったいどんな力を持っているんでしょうね、ロスチャイルド財閥は?

最後に、旧約聖書の言葉です。

「借りる者は貸す人の奴隷となる」

簡単管理会計の最速・最強ツール9+1【こちらから
で社長さんの会社の儲けの理由を明らかにしましょう。


ラベル:お金
posted by 朴念仁 at 07:19| Comment(0) | どうでもいいことですが | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。