top-link.jpg

2011年05月18日

エクセルで管理会計

今日は、朴念仁です。


以前の拙ブログ「管理会計の導入は考える経営のためです」でもお伝えしましたが
管理会計なしに経営することなどあり得ません。

同様にエクセルなくして、管理会計はあり得ません。
つまり、経営のためにはエクセを活用することがとても有効なのです。


@製品価格を値上げしたら
 販売数量はどのように変化し、利益はどのように変化するのか。

A原材料価格が値上げされたら、製品の原価はどのように変化するのか。

B設備投資は何年で回収できるのか。

C借入金の返済は毎月いくらまで可能なのか。

D変動費・固定費の増減による必要売上高はいくらなのか。

E製品別・部門別・担当者別の利益はどうなっているのか。

F来店頻度・購入頻度・平均購入単価(客単価)増減すると
 利益はどのように増減するのか。

これらは一般的に必要な、最低限度の管理会計ですが
他にも、社長さんの欲しいデータが
エクセルを利用することで企業独自に、自由に作成
することができます。

エクセル以上に便利なツールは他にありません。


管理会計は、上記のような経営判断のために必要になりますが、
社長さんが欲しい時に
・仮説のためのシミュレーションがすぐにでき
・仮説結果の検証がすぐに分析できる
戦略を裏付けるために利用され、それをエクセルで作成
します。

もちろん税理士さんが作成する財務諸表では上記分析はできません。


管理会計が経営にとっても最も大切な要素であり
エクセルが管理会計に最も便利なツールならば
誰が、エクセルで管理会計プログラムを作成するのかが問題ですよね。

社内にエクセルのスペシャリストがいれば良いのですが
そうでなければ、社長さん自身がエクセルを使いこなさなければならないでしょう。


エクセルで加減乗除やなどは簡単に使えます。
それだけでも、過去データを分析するくらいの管理会計ならば簡単に導入できます。

しかし、経営は仮説と検証の繰り返しです。
「ある条件がこうならば、こうなると」と言うのが仮説ですから
管理会計で仮説を立てるためには、ある程度のエクセル関数を知らなければなりません。

そこで、管理会計に役立つエクセル関数ですがそんなに多くないのです。

仮説とは、もし〜ならばですから、もしは英語でIFですよね。
先ずはIF関数を覚えましょう。
「=IF」は、条件を満たすかどうかで異なる結果を返す関数です。
ORやANDでつなげれば複数の条件が設定できます。


「=SUMIF」は、条件を満たす数値の合計を求める関数です。
カテゴリーや、担当者別の合計を求めることができます。


次に「=VLOOKUP」は、表のデータを検索して抽出する関数です。
列を基準にした範囲の中から検索値と一致するデータを抽出します。
商品台帳から、商品名や価格を検索して別表に抽出する場合に用います。

ちなみに、行を基準にしたい場合は「=HLOOKUP」関数になります。


「=SUM」はご存じでしょうが、単一のシート内でなく
複数のシートの同一セルの合計を求める時に便利です。
12か月間のシートの数値を、年間のシートに合計する場合に用います。
SUM関数は串刺し関数などと呼ばれています。


数ある関数の中でも、以上の関数を使うだけで管理会計の導入ができます。
あとは、表を見やすくする書式設定などを覚えれば
自社だけで利用すのには十分ではないでしょうか。


管理会計は企業のトップシークレットですから
決して外部に出るものではありません。
社長さん自身が理解でき、納得できるプログラムや書式で十分なのです。


管理会計なしに経営することなどあり得ず
エクセルなくして、管理会計はあり得ない。

のであれば、ここはひとつ奮起してエクセルを覚えて見ませんか。

簡単管理会計の最速・最強ツール9+1こちらから
で社長さんの会社の儲けの理由を明らかにしましょう。

格安ホームページ作成はこちらから

最後にこちらをクリックしていただければ光栄です
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村
併せてこちらもクリックいただくと励みになります
人気ブログランキングへ

今日も、朴念仁のつまらない話にお付き合いいただき
ほんとうにありがとうございます。


朴念仁感謝


posted by 朴念仁 at 07:08| Comment(0) | 管理会計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。