top-link.jpg

2012年02月01日

社長には特別な資質や才能が必要なのか

今日は、朴念仁です。

社長になるため、あるいは経営には
特別な資質や才能が必要なのでしょうか?


コンサルを経験すると、そんな素朴な疑問を感じます。


全国で、個人事業を含めた中小企業数は約420万社です。
ちなみに、中小企業数は全体の99.7%にも及びます。
つまり、大企業数はわずかに0.3%に過ぎません。

また、従業者数は、中小企業が約2800万人、大企業が約1200万人。

10人に一人は社長ということになります。
そう考えると、社長というのは、さして特別な存在と言えないように思えます。

つまり、「特定の資質がある」とか、「特別な才能がある」とか、ではなさそうです。
誰でも起業するチャンスがあり、誰でも社長になるチャンスがあるのです。


中小企業動向調査などを見れば、赤字の中小企業は80%くらいです。

ただし、この結果は、調査による回答の結果に過ぎず
有効回答数も70%くらいですから、
現実は、赤字企業数はもっと多いのでないでしょうか?
「90%くらいは赤字企業かな?」と思えてきます。

つまり、420万社のうち黒字企業は40万社そこそこではないでしょうか。


特定の資質や、当別な才能がなくても社長になれる!
だけど、黒字企業として成長するためには、何か特別なことが必要なのでしょうか?


さてそこで、赤字企業の社長と、黒字企業あるいは成長企業の社長の違いは?
これもコンサルの経験から、やはり、資質や才能の違いではないと実感します。


赤字企業の社長には、次のような、
1)意志決定能力に欠ける
2)躊躇する、つまり行動力がない
3)過去(の成功体験)に固執する
4)変化・革新を嫌う
などの、典型的な特徴がありそうです。

1)と2)、3)と4)は表裏一体の関係です。



なぜそうなってしまうのか?
三つのことに気が付きました。

一つは、経営戦略が明確になってない
二つは、数字が苦手で管理会計を導入していない
三つは、情報収集が苦手か、情報の海に溺れてしまう


まことに、独断に過ぎる結論と思われるかもしれません。

しかしながら、
「資質や才能で経営の優劣が決まるのではない!」
と強く思うのです。

今、赤字経営に悩み、資金繰りに苦しんでいるのであれば、
1)から4)、そして三つのことについて、あなたはどうお思いですか?

一笑に付す前に、自問自答していただければ嬉しく思います。


簡単管理会計の最速・最強ツール9+1こちらから
で社長さんの会社の儲けの理由を明らかにしましょう。


posted by 朴念仁 at 06:46| Comment(0) | 中小企業経営全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。