top-link.jpg

2012年02月27日

原価計算の目的-総原価を低減(コストダウン)するとは

今日は、朴念仁です。

前回、原価計算の目的では
あなたの会社の製品が必ずしも
(1)競争相手がない
(2)他社に圧倒的に優れた品質やサービスを提供出来ている
(3)顧客や消費者が望むもの
でないならば、
価格の決定権は市場=【消費者や顧客、顧客企業のバイヤー】
にゆだねられている可能性の方が高い。


そうであるならば、価格は市場に聞かなければならばい

・市場から求められた価格で、利益を獲得できるのか?
・どのように総原価を低減=コストダウンできれば、市場の求める価格で販売可能か?
・あるいは、価格の主導権を握れる製品やサービスを提供しているのか?

をシミュレーションして、
必要利益、あるいはより多くの利益を獲得するために、
総原価の低減=コストダウンするのが、原価計算の本来の目的である。
ということをお伝えしました。


それでは、総原価を低減(コストダウン)するとは?

総原価=加工高+販売管理費割当額+原材料費+外注加工費なので
総原価を低減(コストダウン)するとは

加工高を低減(コストダウン)する
 加工高=当期製造原価−(原材料費+外注加工費)なので
  @労務費を低減(コストダウン)
  A製造経費(現場経費)を(コストダウン)
  することになります。

あるいは加工単価を低減(コストダウン)する
 上記の労務費と製造経費(現場経費)を低減(コストダウン)する他に
 生産性の向上=単位あたりの加工(製造)に要する時間を短縮する
 ことで実現できます。


販売管理費割当額を低減(コストダウン)する

 販売管理費=役員報酬+人件費+その他の販売管理費なので
  @役員報酬を低減(コストダウン)
  A人件費を低減(コストダウン)
  Bその他の販売管理費を低減(コストダウン)
  することになります。

 また、
 生産性の向上=単位あたりの加工(製造)に要する時間を短縮できれば
 当該製品に割当てられる販売管理費を低減(コストダウン)することができます。

 なぜならば、
 販売管理割当額は製品製造(現場作業)に要する時間に連動して増減するからです。


原材料費を低減(コストダウン)する
  @仕入単価を低減(コストダウン)
  Aロス率を低減(コストダウン)
  することになります。

外注加工費を低減(コストダウン)する
  @外注単価を低減(コストダウン)
  A外注作業時間を低減(コストダウン)
  することになります。


このように総原価のどこに、
低減(コストダウン)要素があるのかをシミュレーションすることが
原価計算本来の目的です。


その結果得られた販売価格が、市場が望む価格になり得れば
価格競争しても必要利益と、期待する販売数を獲得できるでしょう。

このようにして価格を決定しなければならないもう一つ理由は、
全く同じ製品であっても、競合他社との総原価は、決して同じではないからです。

@財務体質も違えば、設備能力も生産性も違う。
A人材も違えば、給料や賃金も違う。
B借入金の総額と支払利息の額も違う。

製品は同じものであっても、総原価が全く違う。
つまり、同じ価格であっても獲得利益は全く違ってくるのです。


だから、
@コストを積み上げて
A総原価を求めて
B必要利益を加えて
価格を決定するのではなく、

懸命にコストダウンという企業努力を払いつつ、
他社より優れた収益を獲得し、
なおかつ、市場の望む価格を決定することこそが、
競合他社に勝ち残り、市場に生き残る術ではないでしょうか。

そのために、原価計算を実施して欲しいと思います。

総原価を見直し必要以上の利益を獲得するために
簡単で合理的な原価計算方法【こちらから】を導入したほう良いでしょう。



簡単管理会計の最速・最強ツール9+1こちらから
で社長さんの会社の儲けの理由を明らかにしましょう。


posted by 朴念仁 at 07:56| Comment(1) | 原価計算 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
参考になりそうですね♪
Posted by ハーバードナンパスクール佐藤エイチ at 2012年03月04日 19:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。