top-link.jpg

2012年03月17日

利益はなぜ必要か

今日は、朴念仁です。


利益はなぜ必要か
とても漠然とした問いに思われるでしょうか?

こんな問いかけをさせていただくのは、
利益の意味を正しく理解しておくことが、
企業経営の一丁目一番地である
と思うからです。


さて、単に利益といっても、
1)売上総利益
2)営業利益
3)経常利益
4)税引前当期純利益
5)当期純利益
と、損益計算書に表示されています。

また、変動損益計算書では、限界利益という利益があります。

それでは、「儲かっていますか?」と尋ねられたら、
このうちの、どの利益のことを尋ねられているのでしょうか?
あるいは、「黒字になっていれば儲かっている」と言えるのでしょうか?


実は、損益計算書上の利益には、
企業の本当の利益=必要利益が表示されていません。
どの利益も、儲けを言い表していないのです。


儲けがあるとは、
【必要利益>借入金返済額+納税額−減価償却費】

となっている時、初めて言うことができるのです。

例え黒字経営であっても、上記の公式を満たしていない限り
企業は儲かっているとは言えません。

必要利益を満たしていれば、内部留保が増加します。
例えば毎期、必要利益を獲得できなければ、
内部留保が減少し続け、やがて債務超過に陥ってしまいます。


それでは、なぜ内部留保を充実させる必要があるのでしょうか?

内部留保の増加ができないと、
次の投資に回るお金を蓄えることができないのです。


次の投資は、借入金で賄えば良いのですか?
しかし、新たな借入金を調達すれば、
返済額が増加し、より大きい必要利益が求められます。



こう考えると
「利益はなぜ必要か」の答えは、
「利益は内部留保を充実させ、さらなる投資のために必要である」
と言うことになります。


そのために、自社の必要利益の額を正しく認識しておく必要があります。

とは言っても、
【必要利益>借入金返済額+納税額−減価償却費】
なので、

1)借入金返済額が増減すれば
2)売上高が増減し、納税額が増減すれば
3)設備投資や、年度が変わり減価償却費が増減すれば
必要利益が増減してしまいます。

企業経営の第一歩は、
先ず、変化する必要利益を、的確に計算することから始めなければなりません。

なお、簡単に必要利益を計算する方法は、【こちらをクリック】していただけばご説明しています。

さて、こう考えてくると、企業経営の目的も、利益を獲得することではなく
「企業経営の目的は次なる投資」と言えるのではないでしょうか。
そして、これを成長経営と言うのだと思います。


最初に申し上げました。

利益の意味を正しく理解しておくことが、企業経営の一丁目一番地です。

そして、儲かる経営、必要利益を獲得できるために
経営戦略を立案し、経営計画を策定し、自社を成長経営に導くことが
社長の責任であると思うのです。


簡単管理会計の最速・最強ツール9+1こちらから
で社長さんの会社の儲けの理由を明らかにしましょう。


posted by 朴念仁 at 07:31| Comment(0) | 中小企業経営全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。