top-link.jpg

2012年04月10日

必要売上高を計算

今日は、朴念仁です。


必要売上高は、次のような簡単な計算式で
必要売上高=(計画利益+固定費)÷(1−変動比率)
必要売上高=(計画利益+固定費)÷限界利益率

で求めることができます。

詳細は過去の拙ブログ、損益分岐点売上高を算出(必要売上高の求め方)をご覧になってください。


今回は、補足説明となります。

損益分岐点売上高は、利益が0円の時の売上高ですが
必要売上高は、計画利益(目標利益)を獲得するために必要な売上高です。

問題は、計画利益(目標利益)が適正利益であるかどうかです。

計画利益(目標利益)が、適正利益であるとは、
会社の維持・存続のための必要利益となっているのか?

会社の維持・存続とは、
資金繰りが悪化しないための必要利益となっているのか?

資金繰りが悪化しないとは、
【必要利益>借入金返済額+納税額−減価償却費】となっているのか?


計画利益(目標利益)が必要利益を満たしていなければ
資金繰りが悪化し、内部留保が減少し、自己資本が減少してしまいます。

計画利益(目標利益)が必要利益を満たしていれば
運転資金を調達することなく、安定経営が可能になります。



つまり、必要売上高は
必要売上高=(計画利益+固定費)÷限界利益率
必要売上高=(必要利益以上+固定費)÷限界利益率
となります。
 ※限界利益率=(1−変動比率);変動比率=変動費÷売上高※

このように、
必要売上高を求めるためには、必要利益を算出しなければなりませんが、
同時に、固定費・変動費が増減すれば、必要売上高もまた増減します。


つまり、必要売上高は
1)借入金返済額
2)納税額
3)減価償却費
4)固定費の増減
5)変動費の増減
6)売上高を決める販売数量と販売価格の増減
7)5)と6)による限界利益率の増減
以上の要素をどのようにコントロールするのかで、大きく変わってくるのです。

1)から7)の要素を一元的に管理・操作する予算作成ができないと
必要売上高を算出することができません。


(予算作成ツール【ここをクリック】を利用すれば簡単に実行可能です)

必要利益を求め、それを獲得するための必要売上高を決定する。
このことはとても重要なことであり、経営の核となるものです。

自社の必要利益と必要売上高を算出ずに経営していると
次第に資金繰りが悪化し、最悪、債務超過に陥ってしまうかもしれません。

「必要利益と必要売上高を達成しない限り、自社の存続はあり得ない」
「できないのではなく、絶対に達成しなければならない」

と、強く申し上げておきます。


簡単管理会計の最速・最強ツール9+1こちらから
で社長さんの会社の儲けの理由を明らかにしましょう。
posted by 朴念仁 at 07:12| Comment(0) | 中小企業経営全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。