top-link.jpg

2011年01月31日

不渡り出して倒産だ!でも手続きは?

今日は、朴念仁です。


今回は、
もう倒産するしかない状況に追い込まれてしまったらどうするのか
と言う話です。

拙ブログは、社長さんの会社が、「健全な会社になる」ためには、
どんなことを知っていれば良いのか、何をすれば良いのか。

そのために、
朴念仁は何をお伝えしたら良いのかを考え、記事を掲載してきました。

ですから、倒産に関する話題は相応しくないですよね。
したがって、参考までにお聞きください。


さて、倒産とは何でしょうか?

直接的な原因は、資金繰りに窮した結果、不渡り手形が発生することです。
ですから、ちょっと極端ですが、支払手形がなければ倒産しない訳です。

また、変な言い方ですが、倒産したかったら不渡りを出せばいいんですね。
(無責任な言い方ですが、計画倒産てそうでしょう、犯罪行為ですが)


倒産には
事業を廃業し、企業そのものを消滅させる清算型

債務の切捨て等を行い、事業を存続させる再建型
の二つの処理があります。

再建型の処理には、会社更生法と民事再生法があります。

また、
法律に則って行う手法を法的整理
裁判所を通さずに処理を行う手法を私的整理と言います。


今回は、法的整理によって、
破産管財人を選任して、清算する方法についてだけ説明いたします。


手続きの流れです。

破産の申し立てをすると、裁判所は仮差押などの保全処分し、破産処理に入ります。


1)破産宣告・破産管財人選任

破産宣告によって、破産申立人は財産の管理処分権を失います。


2)第一回債権者集会、債権届出期間及び債権調査期日を決定

破産管財人は、破産債権の調査と確定をし、
破産債権者は、裁判所に対して債権届出をします。
届出債権について破産管財人は、債権者から異議がなければその債権を確定します。


3)破産財産の評価・換金と破産債権の確定・配当

破産財産が換金され破産債権が確定すると、
管財人はその両方の結果を照合して配当を行います。
ただし、財産がない場合は、破産手続きの廃止決定がなされます。


4)破産終結決定

債権者への配当が決定すると、第二回債権者集会が行われ、破産終結決定がなされます。


5)免責の申立

破産宣告を受けても債務がなくなるわけではなく、
債務の支払義務を免除してもらうには、免責の申立をする必要があります。


6)免責決定

一部配当がなされた場合には、その残額、配当されなかった場合にはその全部について
支払義務が免責されることになります。
そして、免責決定の確定と同時に破産者でなくなります。

この時、破産者は裁判所へ出頭し裁判官の審問を受け、
そこで免責を認めるのが相当であるかどうかの審査が行われます。

ほとんどの場合、裁判官の裁量で自己破産、免責の決定となります。


これが、破産管財人選任による清算の手続きです。


また、中小企業の経営者の場合、社長さんが保証人になっていることが多いので
同時に、社長さん個人の自己破産の手続きも開始することになります。


ちなみに、裁判所に提出する書類には、
貸借対照表(非常貸借対照表)と、簿価で評価した財産目録があります。

この時の財産目録で、機械設備などは簿価から、バサバサと減じて評価します。
よく、半値七掛けとか言いますが、管財人は「持ってけ泥棒」的な評価をします。

場合によっては、簿価の10分の1以下になるでしょう。

ですから、倒産情報などに記載される負債総額は、予想以上に大きくなっています。


これね、倒産じゃない廃業の場合、
固定資産台帳のままの評価なんて、あり得ませんからね。

円満な廃業をお考えの社長さんの場合、
資産の評価額を見誤らないようにしてください。


さて、
1月4日に拙ブログを開設してから今まで、
中小企業の社長さんを読者層のターゲットとして、記事を掲載してきました。

現在まで、会社経営をしていく上で当然知っておいて欲しいこと

・財務諸表の見方について
・変動損益計算書について
・損益分岐点売上高や必要売上高の求め方について
・資金繰り・融資の種類・融資の方法や銀行の評価について
・経営分析について
などのお話をさせていただきました。

まだ、原価計算や経営管理(計画進捗管理)などについて、
お話しする必要があると思いますが、次回からは、
経営戦略についても織り交ぜながら、お話して行こうと思っています。

簡単管理会計の最速・最強ツール9+1【こちらから
で社長さんの会社の儲けの理由を明らかにしましょう。
posted by 朴念仁 at 07:24| Comment(0) | 企業の健全性(自己資本比率) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月29日

会社の健全性を客観的に判断する物差し

今日は、朴念仁です。


前回、「社長の給料はどれくらい」の記事の中で、
「社長の給料を客観的に判断する物差しはないのかな?」なんて話をしました。

ならば、
会社の健全性はどうか、経営状態はどうか、を客観的に判断する物差し
について、もう一度、おさらいしておかなければいけないでしょうね。


実は、上記の事については、拙ブログで何度もお話しています。
ですから、是非過去の記事をご覧になっていただければ、ありがたいのですが。

今回は、さらっと流します。
(朴念仁、また手抜きしていると言わないでください)

銀行はあなたの会社こう格付けする」の中でお話しした
銀行のスコアリングなども、大体同じような指標で分析していると思います。


さて、
拙ブログをお読みの方は、朴念仁が最初に何を言うのか、もうお分かりですね。


1)会社の安全性を見るの物差し

そうです、一番目の物差しは、何といっても自己資本比率ですね。
自己資本比率=自己資本÷資産(総資本)

健全な会社はこの比率が
自己資本÷資産(総資本)≧40%〜60%であることが望ましい。

危ない会社はこの比率が
自己資本÷資産(総資本)≦10%のような状態で債務超過目前。

朴念仁は、
自己資本比率と、自己資本の額が増え続けて行けば、それだけで問題ない。
そう、考えています。

ただし、会社の資産価値が高くなるので、
事業承継を考えた場合、相続税などの厄介な問題も出てきますね。


反対に、債務超過の会社なんて、後継者がいなくて廃業しようと思っても、
廃業しても全く売却資産が足りない訳ですから、さらに借金だけ残ってしまいますね。

また、中小企業の場合、社長さん自身が保証人になっているでしょうから、
こうなると、会社も個人も自己破産と言う事になってしまいますよ。

これじゃ廃業もままならない。

その他
負債比率=(流動負債+固定負債+引当金)÷自己資本

借入金/総資本比率=(短期借入金+長期借入金)÷総資本

借入金/預金倍率=(短期借入金+長期借入金+割引手形)÷(定期預金・積金)
(ここは、けっこう銀行さん気にしていると思います)

損益分岐点

などですが、何れも低い方が安全性が高いことになります。


以上の分析は、会社がどの程度の環境変化に耐えられるかを見る指標です。
社長さんの会社の体力を見る指標、と言ってもいいでしょう。

つまり、景気が悪くて売上が落ち込んでいても、
どのくらい持ち堪えることが出来るのかと言う事ですね。

また、損益分岐点などは、
どの程度売り上げが落ちたら赤字になるのかが分かりますよね。

以上は過去記事の、
健全な会社、危ない会社その1
健全な会社、危ない会社その2
資金繰りひっ迫・支払能力悪化は倒産の予兆
損益分岐点の活用で経営が激変する:Q&A方式で解説
(損益分岐点については何回か詳しく説明していますが、これは総集編です)
などをご覧ください。分かり易く説明してあります。


2)会社の支払能力を見るの物差し

流動比率=流動資産÷流動負債

当座比率=当座資産÷流動負債

売上債権/支払債務比率=(受取手形+売掛金)÷(支払手形+買掛金)

固定比率=固定資産÷自己資本

固定長期適合率=固定資産÷(自己資本+固定負債)

などです。

まさに支払能力ですから、日々の金回り、資金繰りがどうかを見る指標です。
これらの指標が悪いと、ほとんど資金繰りに追われた状態でしょう。

こちらもまた過去記事の、
健全な会社、危ない会社その2
資金繰りひっ迫・支払能力悪化は倒産の予兆
をご覧ください。分かり易く説明してあります。


3)会社の収益力を見る物差し

売上総利益率
売上高営業利益率
売上高経常利益率
限界利益率
(以上割り算の分母は全て売上高なので式省略)

総資本利益率=経常利益÷総資本

などです。

これは、説明いらないと思います。
これらの数値が高ければ高いほど、いい会社に決まってますものね。

収益率が高ければ、その他の指標も、おのずと良くなってくるのですから。


4)会社の活動力を見るの物差し

総資本回転率=売上高÷総資本

固定資産回転率=売上高÷固定資産

商品回転率=売上高÷商品在庫高

売上債権回転率=売上高÷(受取手形+売掛金)

支払債務回転率=仕入高÷(支払手形+買掛金)

などです。

これらは、投下した資本が、効率よく利用されているかを見る指標です。
つまり、計画性のない投資、売上不振により指標が悪化します。

・必要以上の設備投資はしていないか
・休んでいる機械・設備はないか
・事業に必要のない土地や別荘に投資してないか
・社有車としてポルシェやベンツなどを購入していないか
・過剰在庫はないか
・過剰商品在庫はないか

「ある」とお答えの社長さん、無駄にお金を使いすぎて、あるいは売上不振で、
確実に指標が悪化しているはずです。


売上債権回転率と支払債務回転率は、資金の流れの速さを見ることができます。
資金繰りに直接節関係してくる指標ですね。

支払債務回転率は、不渡り手形を出したら、実質会社は終わりなので
特に気をつけたいところです。


5)会社の生産性を見るの物差し

付加価値率=付加価値÷売上高

付加価値につて
 商業:付加価値=売上高−売上原価
 工業:付加価値=売上高−製品仕入高−(原材料+外注費)
    (売上高−製品仕入高は加工高という)

労働生産性=付加価値÷平均従業員数

資本生産性(商業)=付加価値÷有形固定資産
資本生産性(工業)=付加価値÷機械設備

作業時間稼働率=有効作業時間÷実働時間

労働分配率=総人件費÷付加価値

坪当たり売上高=売上高÷売場面積

客席回転率=利用客数÷客席数

などです。

これも、分かりますね。
ただ、決算書からは分からない分析もあります。
この場合、日ごろからデータを取る仕組みが欲しい所です。

製造業なら、作業時間稼働率が分からなければ、原価計算もできませんよね。
あるいは、販売戦略が正しいかどうかの検討もできないでしょう。


以上が、

会社の健全性はどうか、経営状態はどうか、を客観的に判断する物差し
と言う事になります。

これらを総合的に分析し、企業の総合力やバランスをみるのです。


でも、朴念仁も一々全部分析しません、面倒ですから。
だから、この中で特に重要なところだけを、社長さんも気にしたら良いと思います。

簡単管理会計の最速・最強ツール9+1【こちらから
で社長さんの会社の儲けの理由を明らかにしましょう。
posted by 朴念仁 at 06:28| Comment(0) | 企業の健全性(自己資本比率) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月13日

健全な会社、危ない会社その2

今日は、朴念仁です。


前回、「健全な会社、危ない会社その1」で、

貸借対照表は、企業のある時点での資産状況を示しており、
企業の健康状態の診断結果であるという、お話をしました。


今回は、貸借対照表を診断し、健全な会社と危ない会社を
分けるのは何か、についてお話しいたします。


下記は、簡略化した貸借対照表のサンプルです。

taisyaku.jpg


貸借対照表の説明は、「健全な会社、危ない会社その1」をご覧ください。

次は、さらにシンプルに
健全(健康)な会社、危ない(病気)会社の二つの貸借対照表です。


■健全な会社の貸借対照表

kenzen.jpg

健全な会社であると診断されるためには、
中小企業の場合なら、自己資本比率が40%〜60%以上。


自己資本比率=自己資本÷資産(総資本)

自己資本÷資産(総資本)≧40%ですね。

この辺のところが健全経営の最低条件であり、これを満たしていれば、
優良企業と認められ、資金繰り対策も、銀行融資対策も良い状態にあると言えます。


なお、手許に現金・預金が多ければ、

それだけ資金繰りにゆとりができ、銀行からの融資も簡単になります。
あるいは、運転資金のために、銀行から借入れする必要性も少ないでしょう。


また、同じ自己資本比率でも、その内容によって状況が変わってきます。


例えば資産の状況で
「流動資産」と「固定資産」の比率は各社の経営内容で随分と変わってきます。

一概には言えませんが、流動資産が多い方が
「流動比率」が高くなり、より手許現金が多い可能性があります。

流動比率=流動資産÷流動負債


自己資本が増加し、健全経営の会社になれば、
世間の評価が上がり、銀行の信用力も高まり、
役員報酬の増額だって可能となります。



■危ない会社の貸借対照表

abunai.jpg

こんな場合は危ない会社と診断されてしまいます。

自己資本÷資産(総資本)≦10%

自己資本比率が10%では債務超過目前。
(自己資本比率=自己資本÷資産(総資本))


ちなみに、債務超過とは、自己資本がマイナスになった状態の事です。


自己資本比率が10%くらいになってしまうと、資金繰りもかなり逼迫しています。
しかも、銀行からの融資はかなり難しくなってきます。

ここまで自己資本比率が低下すると
銀行は、実質的債務超過に陥っている可能性があると判断し、分析します。

・在庫や仕掛品を水増し計上していないか?
・不良資産はないか?
・貸付金が増えていないか?
・減価償却費が未計上になっていないか?

などをチェックされます。


自己資本の減少が続けば、役員報酬減額は避けられない状況となります。


企業の経営体質を見る場合 、
収益性・活動性・安全性・支払い能力・生産性などを分析しますが、

やはり、中小企業=小さな会社が目指すところは、自己資本の充実が一番

つまり、自己資本÷資産≧40%

ではないでしょうか。


ここで、貸借対照表から分かる会社の健康診断のポイント。


■自己資本比率=自己資本÷総資本
 (企業の安全性と、環境の変化に対する強さを示しています


この比率が低下している場合は
支払手形、借入金など、他人資本=負債への依存度が高くなっている場合です。

利益無視の借入金依存による拡大経営は、総資産が増える水膨れ体質で危険信号です。


■借入金/総資本比率=借入金÷総資本
 (借入金依存度を見る指標です


上記同様
拡大経営の場合や、
赤字補填などの後ろ向き借金をしている場合は、
比率が悪化します。


■流動比率=流動資産÷流動負債
■当座比率=当座資産÷流動負債
 (支払能力を見る指標です、当座比率は直近の比率)


比率が低下している場合は、

短期借入金の増加、
買掛金の増加、
運転資金で設備資金を賄っている、
などの理由が考えられますが、資金繰りは悪化していきます。

なお、受取手形のサイトが長く、支払手形のサイトが短い場合や
過剰在庫や不良在庫が発生している場合は、

比率は高くなりますが、資金繰りはきつくなる場合があります。


■売上債権/支払債務比率=売上債権÷支払債務
 (資金手当ての必要性を見る指標)


この指標が、100%を超えていれば、資金手当ての必要性があります。

売上の増加・拡大が続いている場合比率が大きくなります。

これは、売上が増加すれば
債権(売掛金・受取手形)、債務(買掛金・支払手形)も増加しますが
債務の支払いが、債権受取より早い場合、特に比率が高くなります。

しかし、この場合、運転資金が不足しても
売上拡大に伴う現象なので、銀行は容易に貸出に応じてくれます。


■負債比率=負債合計÷自己資本
 (他人資本が自己資本の何倍あるか、つまり他人資本の依存率を見る指標)


これが高ければ、「他人のふんどしで相撲を取る」ような経営状態でしょうか。


他にも
固定長期適合率とか、借入金/預金倍率などの指標があります。


貸借対照表から、以上のような(主な)指標を診断することで、

企業の健全性

・環境適応力
・資金繰りの状態
・水膨れ体質
・資本の自立度や依存度
・拡大経営や放漫経営


などを見てとることができます。


その他、貸借対照表と損益計算書を組み合わせて、
資本がどの程度効率よく利用されているかなどの分析や、

損益計算書により、
企業の収益性を見る分析などがあります。

これも、追々ブログにUPしていくつもりです。


是非今まで以上に、
貸借対照表に目をやる機会を増やしてほしいと思います。


最後に朴念仁は、

自己資本の拡大、自己資本比率の向上こそが
中小企業が、健全に生きる道であると思っています。


そして、多くの社長さんが勘違いしている秘められた真の意味を、
何れ、この自己資本の問題から解き明かしていこうと思います。

簡単管理会計の最速・最強ツール9+1【こちらから
で社長さんの会社の儲けの理由を明らかにしましょう。
posted by 朴念仁 at 07:18| Comment(1) | 企業の健全性(自己資本比率) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月12日

健全な会社、危ない会社その1

今日は、朴念仁です。


資産表または決算書を見ると
貸借対照表(B/S)と言うのがありますね。

この貸借対照表とは
企業のある時点での資産状況を示す、財務諸表のことです。


まずは、下の貸借対照表のサンプルをご覧になってください。
(話をシンプルにするために、実際の表に比べ簡略化したものです)

taisyaku.jpg

左右に区切られた
左側を資産の部(借方)といい、
右側を負債・資本の部(貸方)といいます。

また、負債と資本の合計は、必ず資産と等しくならなければいけません。

資産=負債+資本

左右の合計は必ず等しくなることから、
貸借対照表は、バランスシート(B/S)と言われます。


資産の部は、流動資産と固定資産
負債・資本の部は、負債合計と資本合計に
それぞれ大別されます。


それでは、その中身を見てみましょう。


資産の部のうち流動資産は

 当座資産(現金及び預金)
 売掛債権(受取手形・売掛金)
 未収入金及び仮払金
 棚卸資産
 その他流動資産

で構成されています。


資産の部のうち固定資産は

 有形固定資産(建物、機械、車両、土地など)
 無形固定資産(特許権、商標権、電話加入権など)
 投資等(敷金・保証金など)

で構成されています。


負債・資本の部のうち負債合計は

 流動負債(支払手形、買掛金、短期借入金、預り金など)
 固定負債(長期借入金など)

で構成されています。


負債・資本の部のうち負債合計は

 資本金
 剰余金

で構成されています。


それぞれの項目(科目といいます)、についての解説は
別途、用語解説集のページなどを拙ブログに掲載しようと考えています。


今日は、とりあえず貸借対照表と言うのは、
以上のようになっているとだけ、ご理解いただければと思います。


貸借対照表は、企業のある時点での資産状況を示しています。

人間に例えれば、健康状態を示している健康診断の結果表と言えます。


さて、それではこの貸借対照表の資産状況のどこを見て、

健全な会社

危ない会社


を見分けるのでしょうか。


朴念仁は、真っ先に
資本合計の大きさと、資産合計に占める資本合計の割合に着目します。


それから、個々の内容を点検し(診断し)この会社の健康状態は
今、どうなっているかざっくりと把握します。


ではなぜ、貸借対照表を診断した結果、
健全な会社、危ない会社を見分けることができるのでしょうか?


これについては、次回で説明いたします。

簡単管理会計の最速・最強ツール9+1【こちらから
で社長さんの会社の儲けの理由を明らかにしましょう。
posted by 朴念仁 at 06:39| Comment(0) | 企業の健全性(自己資本比率) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月11日

経営状態を把握するためには

今日は、朴念仁です。


経営状態を把握する(経営分析)ためには
できるならば、前期実績、予算、当期実績の対比分析が望ましいと思います。


そこで、経営分析のために最低限必要とするものは

 1)試算表(損益計算書・貸借対照表)
 2)変動損益計算書
 3)商品・製品ごとの生産・販売実績表(数量と金額)
   (損失ロスまで分かるもの)
 4)上記の部門ごと、店舗ごとなどの実績
 5)顧客数実績
   (小売、サービス業なら顧客台帳より、購入頻度のデータが欲しい)
 6)仕入実績(仕入先別に仕入商品・仕入材料などの数量と単価の実績)
 7)経費実績
 8)人件費実績
 9)労働時間実績
10)原価計算表
11)経営計画進捗状況管理表
12)資金繰り表(借入金返済予定表含む)

3)と4)と5)については日別に欲しい。


まだ、色々ありますが最低限以上のものは用意したいですね。
ただし、業種によって必要ないものもあります。


以外にたくさんあるように思いますが、上手なやり方さえ分かってしまえば
実は短時間で、簡単に管理できるようになります。

こう言ったものがないと、前回お話した
仮説と検証ができないんですね。


真摯に経営と向かい合い、目標を達成し、利益を上げて、

役員報酬をUPするためにも

できる限り上記の分析を実行して欲しいと思います。


なお、個々についての必要性と、それがどんなものであるのかは
拙ブログの中で、追々掲載していくつもりです。

皆さまが

簡単に導入でき、
簡単に管理でき、
簡単に分析でき、

仮説と検証のサイクルを回すことができるよう、
できるだけ分かりやすく、お伝えして行きたいと思います。


決して「うわー、大変!もう無理」などとメゲナイでくださいね。
ただし、連続シリーズとしての掲載は避けたいと思います。


実は、今、完全に二日酔いで、少し手抜きの内容になってしまいました。

簡単管理会計の最速・最強ツール9+1【こちらから
で社長さんの会社の儲けの理由を明らかにしましょう。
posted by 朴念仁 at 08:48| Comment(0) | 企業の健全性(自己資本比率) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。