top-link.jpg

2011年03月22日

震災後気になる自粛ムード

今日は、朴念仁です。


震災後、人道的立場を重んじるあまり
日本全体に自粛ムードが高まっています。


しかし経済活動の停滞は
かえって悪影響を及ぼすのではないかと懸念しています。


震災域や東電管内の事業活動は、否が応でも停滞せざるを得ません。
十分に日本経済にダメージを与えています。

また、救援活動や今後の復興事業には多額の税金が投入されます。


東北地域以外や電力が十分供給されている地域は、今こそ救国の心で
積極的経済活動を展開したほうがよろしいのではないかと思います。

そして、より多くの利益を出すことでより多くの税金を納入する。
税金は必ず被災地に還元されると思うのです。


他の地域が一層頑張ることは
被災地の救済、復興に強く貢献することになるのではないでしょうか。

そのことが、国益にかなう行為であると思うのですが。


あまりに感傷的な自粛より
今まで以上に知恵を絞り、事業活動を活性化させて、
被災地を応援し、貢献するのが、
今苦しんでいる被災地に対する国民・企業の使命ではないでしょうか。

私も心の痛む毎日と不安な毎日が続き、自己停滞していたようです。
そろそろ前を見つめて行こうと思います。


もし、私の考えが不見識であるようならば、お許しいただきたいと思います。

簡単管理会計の最速・最強ツール9+1【こちらから
で社長さんの会社の儲けの理由を明らかにしましょう。
posted by 朴念仁 at 10:32| Comment(2) | 地震関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月21日

原発事故に見るそれぞれの使命感

今日は、朴念仁です。


企業は自らと社会に対して、
経営理念や社是と言う形でその存在意義を明確にしなければなりません。

そもそも経営理念は事業活動の拠り所、立ち返るべき原点であり、
社員や社会に対する企業の使命を、問いただしているものであると思います。


その意味で、社長さんが経営判断に迷われる時も、
自社の経営理念、自社の使命に合致した事業活動や行動であるかどうか、
問うてみる必要があるのではないでしょうか。

使命は、お役立ちと言う言葉に置き換えても良いかもしれません。
お役に立つことが出来るからこそ、企業はその存在価値を認められるのでしょう。


今回の福島第一原発事故についても、
自衛隊や消防庁の隊員の強い使命感を感じました。


彼らの使命感は明白です。

「国民の生命、安全、財産を守る」

この強烈な使命感が、今回の生命を賭した活動の原点なのだと思います。


今回の出動に対し、隊員たちは命令を拒否することもできたはずです。

しかし、恐怖を乗り越え見事に任務を遂行することで使命を果たしている彼らに
ただただ敬服し、感謝する気持ちでいっぱいです。


さて一方で東京電力の第一番の経営理念、使命は
「安定した電力供給と発電設備の安全な運転」
と言うことなのでしょう。


「廃炉を覚悟で初期から海水注入を実施すべきであった」
「東電は自社の資産の保全を第一に考えた」
などと批判されています。

しかし、廃炉にすれば「安定した電力供給」に支障をきたすと言う使命感に対し、
大いなる自己矛盾を抱えていたのではないでしょうか。

だからと言って、このことで東電が責任を免れる術はないと思います。


残念なのは、社会的公器である東電に
「国民の生命、安全、財産を守る」と言う使命が
希薄だった、もしくはなかったのではないか、と思えてしまうことなのです。


さて、ここで政府=国はどうであったのか?

政府=国の使命はまさに
「国民の生命、安全、財産を守る」ことではないのですか?

東電がその理念、使命に自己矛盾を抱えているがゆえに
最良で、適切な判断が出来なかったのであれば
政府=国こそが、その役割を果たすべきではなかったのか。

この使命感の欠如に対し憤りを感じるのは私だけでしょうか?


さて、誤解を招くといけませんので言い添えたいと思います。

原発の事故現場で自身の生命を賭して
事態の鎮圧に必死に取り組んでいる東電やその他の現地職員には
自衛隊や消防庁の隊員と同様の感謝の意を表したいと思います。

そして、彼らの心から湧く使命感により、
きっと今回の事故は良い方向に収束すると信じています。


しかしその場合でも、
東電の経営陣そして政府=国の責任は、必ず問われなければならないでしょう。


最後に、地震・津波による被災地のこと以上に
原発事故に報道が集中しているようですが、少し気になるところです。

簡単管理会計の最速・最強ツール9+1【こちらから
で社長さんの会社の儲けの理由を明らかにしましょう。
posted by 朴念仁 at 06:33| Comment(0) | 地震関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月19日

強く優しい社会が国を支えて行くのですね

今日は、朴念仁です。


3月11日からずっと、震災状況を報道番組などから見続けてきました。

今回の大震災は、お悔やみとか、お見舞いの言葉がためらわれるほど
悲惨で深刻な状態であることが、次第に明らかになってきました。


想像を絶する数の被災者やインフラの破壊、
また、部品工場などの操業停止は世界経済への影響も懸念されています。
そして追い打ちを掛けるのが福島第一原発の事故。

これからの日本の復興には、かなりの年月が必要となるのではないでしょうか。


およそ最近の日本は、特に政治と経済に焦点が当てられてきました。

しかし、今回の震災で
日本において社会、SNS(Social Networking Service)、そしてマスコミも、
日本と言う国家を構成するのに重要な役割があることを、認識させられました。


先ず、マスコミですが
国民に情報を伝達するのに一定の役目を果たしていると思います。
しかし、必要以上に国民の不安を煽るような情報発信も多いように感じられます。

官房長官や東電の会見などにおいても、記者の質問を聞いていると
何度も同じ質問を繰り返したり(中には前の記者の質問を聞いていないと思われる)、
ただ攻撃的であったり、全く稚拙であったりしています。

震災ならずともこれからは、
マスコミの発信する情報はすべて疑問符を付けて目・耳にして行く必要がありそうです。

次に、ツイッターなどのSNSが大きな役割を果たしています。
電話による通信手段が断たれる中、
行政に届かない安否情報や安否確認などの有益な情報が、個人から発せられています。

もちろん、マスコミ同様不安を煽るものや、くだらない内容も見受けられます。
しかし、情報発信は既にマスコミの独壇場ではなくなった感があります。

それだけに、ただつぶやきと言われるツイッターも
今後は一定の責任をもった発言が求められるようになるでしょう。


そして、政府の対応が後手に回る中、多くのボランティアの方々が、
まさに献身的に、被災された方々に援助の手を差し伸べています。

ボランティア行動が出来ない方々も、義援金を送ったり、呼びかけたりと
被災地と気持を一つにしようとしています。

それに加え、命を賭して原発事故に立ち向かう
東電や、自衛隊、消防庁の精鋭たち。


このように強く、優しい社会がある限り、
日本は必ず復興できると確信させてくれるものです。


状況が落ち着き、日本が本格的復興へ動き出す時
今の政治や政府、東電の責任が厳しく糾弾されることは論をまたないでしょう。

しかし、恐れるのは、これ以上の政治不信が、国民の心に蔓延しなければ良いのだが
と思っています。


最後に、強力なリーダーシップと優れた洞察力・決断力を持つ、
日本国の新しいリーダーの出現を期待する朴念仁です。


関東東北大震災から思うことを、投稿させていただきました。

簡単管理会計の最速・最強ツール9+1【こちらから
で社長さんの会社の儲けの理由を明らかにしましょう。
posted by 朴念仁 at 10:09| Comment(2) | 地震関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月16日

援けあいましょう、日本列島人として

今日は、朴念仁です。


地震から5日目の朝を迎えました。
またしても福島原発で火災発生が確認されました。
ほんとうに、ゆゆしき事態です。

昨夜は、私の出身地静岡県富士宮市で震度6強の地震が発生しました。
すぐに富士宮に電話しましたが、震度の割りには被害が出ていないと言う事で
少し安心しました。

専門家は、東北・関東大地震との因果関係は分からないと言っています。
しかし、今までに、これほど広範囲に違う場所で地震が発生した記憶はありません。

ほんとうに心配される状況が続いています。


皆さんも仕事の合間を見ては、
時間を割いてニュースなど見ているのではないでしょうか。

朴念仁は、日本を襲った未曾有の大災害の惨さを決して忘れないよう、
心に焼きつけようと、時間の許す限り報道番組を見続けています。


これは他人ごとではないのです。私たちの友が、日本が苦しんでいます。
これほど強く、虚しさと、危機感を感じたことは今までありません。


私が出来る範囲の額ですが、義援金も遅らせたいただきました。
また今後も引き続き、ささやかではありますが、私と妻の収入のうち5%を
毎月復興支援のために義援金として送らせていただきます。

私は決して裕福な人間ではありませんが、
少しでも被災者の方々と痛みを共有する必要があると考えています。


経済活動への打撃もかなり大きなものがあるでしょう。
それぞれに商売をされている方々も計画停電などで大変だと思います。

もちろん経済活動を止める訳にはいきません。
特に中小企業においては、厳しさに一層の拍車を掛ける事態となっています。
商売を考えた時、重苦しいお気持ちになられていることは容易に拝察できます。


しかし、日本列島に住む日本人も、今は日本列島を離れている日本人も
被災地と日本を支えることで心を一つにして欲しいと思うのです。


それが結果的に被災地の復興を早め、
これをきっかけに経済活動も力強く復活すると信じようではありませんか。

一年後、二年後、世界中が
日本の底力に感嘆の声を上げ、賛辞を送ることになるでしょう。

簡単管理会計の最速・最強ツール9+1【こちらから
で社長さんの会社の儲けの理由を明らかにしましょう。
posted by 朴念仁 at 08:38| Comment(0) | 地震関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月15日

日本の宿命なのか「地震列島」

今日は、朴念仁です。


時間を追うごとに亡くなられた方の数が増えていきます。
避難されている方にも十分な支援物資が届いていません。

このままでは被災者の健康状態が心配です。
それこそ米海兵隊に依頼して、大量のヘリ輸送でもできないのですか。


さらに、福島第一原発はとても気がかりです。

第1号機に続き第3号機も水素爆発を起こし外側の建屋が吹っ飛びました。

今朝の発表では第2号機はもっと深刻な状況にあるようです。
何かの故障により海水の注入が上手く出来ず、あるいは
格納容器内の水位が上がらず、炉心が露出している状態が続いているようです。


このような現状ににおいて、「格納容器は健全な状態を維持している」と
昨日も、官房長官が会見でアナウンスしていますが何を根拠に?


炉心溶融が止まらなければ、最悪の事態もありうるわけで
危険な状態はより高まっているように思えてなりません。

その後どうする、どうなると言った説明も全くありません。


明らかなごまかしや嘘も多い!

人体に浴びる量が年間1000マイクロシーベルトなら安全と言っておきながら
放射線量は20マイクロシーベルト/時だから安全と言うが
50時間で1000マイクロシーベルトになるのではないですか。


また、第1号機と第3号機の爆発は、映像では全く違って見えます。
第1は白煙、第3は黒っぽい煙で炎も確認できています。
これを同じ爆発と、なぜ言い切れるのか。

ほんとうに真実が知らされているのでしょうか。


最悪にならねば良いがと思いつつ次の話です。

私たち日本人の済む日本列島は、
地震と言う宿命を負った島国「地震列島」であると思います。

なぜ、こんなに地震が多いのでしょうか。
それは日本列島の生い立ちと地学的環境によるものです。


日本列島の基となる日本付近はアジア大陸の端で、
4から5億年前に大陸から運ばれてきた砂や泥が堆積していきました。

そこへはるか沖合、
海洋プレートの上に堆積した珊瑚などからなる岩石が移動してきました。


大陸側プレートに海洋プレートが潜り込む中で、
大陸からの砂や泥と、海洋プレートが運んだ堆積物が混ざりあって、
アジア大陸のプレートに押しつけられて加わったのです。

これが日本列島の原型であるが、
まだ列島ではなく山脈状態で大陸にくっついたような状態でした。


その後、日本列島が大陸から引き裂かれる地殻変動が発生し、
2100万〜1100万年前には、さらに断裂は大きくなっていったのです。

しかし、
日本近海の海溝は向きが異なる南海トラフと日本海溝の2つだったため
日本列島は中央部が真っ二つに折られる形でアジア大陸から離れて行きました。

つまり西南日本は
長崎県対馬南西部付近を中心に時計回りに40〜50度回転し、

同時に東北日本は
北海道知床半島沖付近を中心に、反時計回りに40〜50度回転。

観音開きのように離れて行ったのです。


これにより今の日本列島の
関東〜北海道は南北に、中部〜沖縄は東西に延びる形になりました。


まだ、原始日本列島の間には日本海と太平洋をつなぐ海が広がり、
数百万年前、フィリピン海プレートが伊豆半島を伴って日本列島に接近した時に、
真っ二つになっていた列島が圧縮され始めました。

こうして、現在の日本列島が形成されてきたのです。

plate.gif
西南日本はユーラシアプレートの上に乗っており
東北日本は北アメリカプレートの上に乗っています。

その境界上にフォッサマグナがあり、その西偏が糸魚川静岡構造線です。


フォッサマグナの中央部は、南北に火山の列が貫き、そこには
妙高山、湯田中、浅間山、八ヶ岳、富士山、伊豆長岡、湯ヶ島、稲取
などの温泉街が列んでいます。


フォッサマグナは
日本列島が引き割かれ、また結合し
マグマ噴出の影響が加わった複雑な地層となっており
このフォッサマグナの活断層が、内陸型地震を引き起こします。


また日本列島は
北アメリカプレートに太平洋プレートがぶつかって沈み込んでいます。

これが原因となる地震が
今回の東北関東大地震です。

また
ユーラシアプレートにフィリピン海プレートがぶつかって沈み込んでいます。
これが原因となる地震は
東海地震、東南海地震、南海地震などです。


こんな複雑かつ不安定な列島が、私たち日本人の棲家なのです。

まさか、今回の東北関東大地震が他のプレートや活断層を刺激して、
連鎖し次々と地震が誘発されることなどないと思いますが・・・。

小松左京の日本沈没が脳裏をよぎり、こんな投稿となりました。
不謹慎をお詫びします。

簡単管理会計の最速・最強ツール9+1【こちらから
で社長さんの会社の儲けの理由を明らかにしましょう。
posted by 朴念仁 at 07:20| Comment(0) | 地震関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月14日

これは国難です

朴念仁です。


東北地方太平洋沖地震に心を痛めている日本人の皆さま。

私たちの同胞がたいへんなことになっています。


友が亡くなれば涙し葬儀に立ちあいます。
友が苦しんでいれば我がことのように苦しくなります。
家族を失えば失意の心はいつまでも続きます。


今、日本の友が大変な災難に見舞われてしまいました。
日本人ではない私の妻も涙を流しました。


「少しでも私のできることを今しなければ」
ただただそれだけの思いです。


被災者の方々のために私たちにもできることがあります。
一人一人の真心の形がどんなに小さくても大きな価値があります。

友が苦しんでいます、とても悲しいことです。


以下の義援金サイトなどから
皆さまの愛の手を差し伸べてくれませんか。

どうか躊躇なさらずに少しの時間をお使い願えませんか。



赤十字
http://www.jrc.or.jp/

フジテレビ
http://www.fujitv.co.jp/kokuchi/110313.html

三菱東京UFJ銀行
http://www.bk.mufg.jp/news/news2011/pdf/news0312_02.pdf

Yahoo
http://volunteer.yahoo.co.jp/donation/detail/1630001/index.html

nifty
http://donation.nifty.com/tokusetsu/service/tokusetsu1/

goo
http://special.goo.ne.jp/donation_earthquake/

民主党
http://www.dpj.or.jp/news/?num=19859


その他募金が出来る方法はまだあります
http://sites.google.com/site/quake20110311jp/bokin


市町村役場などでも取り扱うはずです。
NHKの義援金募集も何れ始まるでしょう。


私たちの友が苦しんでいます。

簡単管理会計の最速・最強ツール9+1【こちらから
で社長さんの会社の儲けの理由を明らかにしましょう。
posted by 朴念仁 at 07:10| Comment(0) | 地震関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月12日

ほんとうに心配です

朴念仁です、皆さま大丈夫ですか?


被害状況が明らかになるにつれ
亡くなった方もたくさんいらっしゃるとのこと。

日本を襲った大地震と津波を、遠くフィリピンから心配しています。

被害にあわれた皆さまに心からお見舞い申し上げます。
また、行方不明の方々の安否がとても気になります。


私の日本の家族は大丈夫のようですが、
関東地方や以北にいる友人や知人の安否がとても気がかりです。

拙ブログの読者の中にも、
震源地近くに住んでおられる方もあろうかと存じます。
大丈夫でしょうか?

早く余震も終息し、
被害がこれ以上拡大しないよう祈るほかはありません。

こんな時何もできない無力な朴念仁ですが
祖国を襲った大地震に、遠くフィリピンより心を痛めております。

簡単管理会計の最速・最強ツール9+1【こちらから
で社長さんの会社の儲けの理由を明らかにしましょう。
posted by 朴念仁 at 10:22| Comment(0) | 地震関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。